×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



- 芋煮 -

 山形では秋になると、市の中心部を流れる馬見ヶ崎川が鍋を囲む謎の集団で一杯になる。芋煮会と呼ばれる恒例のイベントなのだ。大きな鍋にサトイモを煮て食べるのだが、醤油味vs味噌味、牛肉vs豚肉と地域によりいくつかのバリエーションがあり、どちらが正しいかで喧嘩になったりする。
(私はこれが正統派と信じる)醤油味+牛肉バージョンを紹介する。


材料(4人分)
サトイモ 800g
牛肉 300g
ネギ 1本(斜め切り)
こんにゃく 1枚(1口大に手でちぎる)
1.5L
ごぼう 1/2本(ささがけ) ・・・ お好みで
しめじ 1パック ・・・ お好みで

調味料の目安(分量はラフでよし)
醤油 1カップ
砂糖 55g
1/4カップ

 ※一応目安を記載したが、実際は現地で瓶・袋から直接、適当にどぼどぼと入れる。十分アロワンスが広いレシピなので計量は不要だ。

 ↓芋は絶対サトイモでなければいけない。皮を剥いてある冷凍ものも便利だが、できれば生が良い。
あるある大辞典で紹介された里芋(田いも)1kg 超お買い得特別価格!山形の芋煮会で使われているおいしい里芋!【山形産】どだれ里芋(5kg) 里芋 和食惣菜のお約束!さといも500g 田いも1kg 里いも(500g)
 材料を揃える。
 まずは水からサトイモ(あからじめ水で濯いでおく)・こんにゃく・ごぼうを茹でる。酒と醤油(少々、色が付く位)はこの段階で入れる。こんにゃくは1口大に手でちぎる←ここがポイント。切り口がぎざぎざになり味がしみ込むのだ。

※たまたまダッチで作ったが、鍋は普通の鍋でOKだ。本当は外(河原)にて薪で炊く。
 イモにあらかた火が通ったら(概ね30分)牛肉を投入。牛肉は和牛を。赤みっぽいものより脂が多めの、いかにもバラ肉の方がやわかく美味しい。灰汁を取りながら煮込んだ後、味をみながら砂糖と残りの醤油本体を入れる。
 肉に火が通ったら最後にネギを入れ、一煮立ちしたところで出来上がり。ネギは緑の部分も入れちゃって構わない。どんぶりに盛り付けて食べよう。

 近年はエスカレートし、巨大な鍋にパワーショベルで作るというイベントもある様だ。
↓日本一の芋煮会
http://www.y-yeg.jp/imoni/

 ちなみにレシピ。
材料(5万人分)
サトイモ 3t
牛肉 1.2t
ネギ 3500本
こんにゃく 3500枚
醤油 700L
日本酒 50升 隠し味
砂糖 200kg 隠し味
6t   
6t  ナラ材 

・・・あのなぁ。

TOPへ戻る>>>リストに戻る

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業