×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



一体何の為に?

ポリバスの湯
 総合評価:★★★☆☆
湯の谷温泉(仮称)(和歌山県串本町)
2009/2/15

 串本町の佐部という村落には、温泉マニア間で最も有名なポリバス温泉が存在する。但し正確なロケーションに関する情報が乏しく、見つけるのは難しい。ある意味、秘湯である。

 それらしきものを探しながらうろうろしてみるが・・・畑には紛らわしいものが点在するので、非常に見つけにくい。ビニールハウス脇のこれは?・・・お湯が張られてない。これも違う様だ。
 集落の外れを脇道に入ってみると・・・あった。
 大人一人が丸くなってやっと入れるサイズの、小さな古ぼけたポリバスが側溝の上にちょこんと載っている。やたら太いホースがその中に無造作に突っ込んである。近付いてみると和歌山の温泉特有の強い硫黄臭が漂ってくる。

 給湯器を繋ぐ穴には別のホースが繋がっており側溝の中を遠くに伸びて行く。溜まったお湯を何処かに移送している様だ。流量調整用の中継槽に使われているのだろうか?
 浴槽内は謎のシートがぷかぷか浮かび、底の亀裂にはタオルが詰めて塞いである。緑色の藻らしきものが薄っすらと発生しており、入湯にはかなりの勇気を要する。
 ホースの先端からはポリバスの容量に全く見合わないもの凄い流量の源泉がどばどばと掛け流されている。しかしながら浴槽に割れ・穴開きがあり漏れが激しく、お湯は底の方にちょっと溜まっているだけだ。もっと溜めようとしてしばらく頑張ってみたが全体の1/3も張ることができず、(真冬の中、家族の強力な反対もあり)入湯は断念。
 仕方がないので手を入れてみる。無色・透明だがとろみを感じる不思議なお湯だ。温度は28℃(実測)と低め。炭酸泉の様で、しばらくすると泡つきがある。手はすべすべになり、泉質はすばらしい。
配置

 近くにはステンレスバスが放置されている。こちらは雨水が溜まったものの様だ。

泉質★★★★ 価格★★★★★ 施設
☆☆☆☆☆ 秘湯度★★★★★
ファミリー度
☆☆☆☆☆ リピート度★★★★★ 清潔度☆☆☆☆ 混雑度★★★★★

[DATA]
住所:和歌山県東牟婁郡串本町佐部(旧古座町)
電話:なし
営業時間:24時間
定休:無休
駐車場:なし(真横に空き地あり)
料金:無料
設備:ロッカーなし、石鹸・シャンプーなし、シャワーなし、ドライヤーなし

浴槽:露天1槽、強いて言えば混浴

 
大きな地図で見る

給湯方法:源泉掛け流し
効能:不明
泉質:不明
泉温:28.0℃(実測)
pH:10.1(実測)
湧出量:50リットル/分位?
源泉名:不明

必要装備:掃除用具、漏れ補修用品

感想:真冬の入湯は厳しい。次回は万全な装備で望みたい。

TOPへ戻る>>>リストに戻る

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業